レシテーションに挑戦
 本校では、中学2年生に対し、次のような目的で、「レシテーションコンテスト」を実施することになりました。
 現在、与えられた多数の100語から150語ほどの英文を、各自選び覚えています。
 予定では、来年になったらまず、各クラスで予選を行い、選ばれたクラス代表により、全中学の前で本選が行われます。
 国際理解教育係では、英語教育の一環として中学生の英語暗唱力の増強を計る目的で「レシテーション・コンテスト」(校内)を開催しようという企画を立てました。
 全く自由のテーマで行われる「スピーチ・コンテスト」とは異なる、この「レシテーション」とは、事前に与えられた英文の「課題文」を使っての「スピーチ」と言えます。そして、課題文をその内容にふさわしい語り方で語る、と言う試みによって聴衆に訴えかける力を養い、英語の暗唱力や表現力をつけ、更に大きな自信につながる、と言えます。