発明工夫展
青木さん教育委員会賞受賞
 
学校賞 城西中学
東京都教育委員会賞 中学1年2組 青木 佑奈 さん
優秀賞 中学2年1組 歳森 浩樹くん
入選 中学1年2組 佐野総太郎 くん
 十一月三〜五日に、東京都庁で開催された「第四十四回東京都児童・生徒発明工夫展」に夏休みの技術・家庭科の課題作品の中から優秀な作品を選んで、出品しました。その結果一年二組の青木佑奈さんの「アイロンカバーがアイロン台に大変身」が東京都教育委員会賞、二年一組の歳森浩樹さんの「おりたたみ式野菜ストッカー」が優秀賞を受賞、そして一年二組の佐野総太郎くんの「ようじとり」が入選しました。また青木さんの作品はその後、全国展へ推薦されました。      
「発明くふう展で特別賞を受賞して」
1年2組 青木佑奈
 私は東京都児童生徒発明くふう展で特別賞の「東京都教育委員会賞」を受賞しました。受賞作品の展覧会が東京都庁で行われたので見に行って来ました。他の学校の人達の作品もたくさんありました。自分の作品を見つけたら「東京都教育委員会賞」と書いてあったので、とてもビックリしました。まさか自分の作品が特別賞を取るなんて思いもしませんでした。
 私の作品は「アイロンカバーがアイロン台に大変身」というもので、アイロンカバーを開くとアイロン台になり、持ち歩きも便利で置き場所も少なくてすみます。
 私が他の人達の作品の中で一番いいなと思ったものは、東京都知事賞の「手話と点字の会話」という作品です。手話の手の形の文字を手袋で表し、それに点字を組み合わせたもので、目の見えない人と耳の聞こえない人とがコミュニケーションを取れるようになっています。本当に使えるようになるといいなと思いました。
 みんな楽しいアイデアで面白かったです。